ヴィクトリアマイル2021 分析(1)レース傾向 イーブンペースが多い

牝馬のマイルGⅠ ヴィクトリアマイル 勝ち馬にウォッカ アーモンドアイなど歴史的名牝が名を連ねる
そんなヴィクトリアマイルを分析

当ブログは引越し準備中です URL決まり次第掲載いたします

レース傾向

過去10年のレースタイム LAP (青いほどスロー傾向 赤いほどハイペース傾向)

超スローの上がりの競馬 平均ペースの競馬 前半かっ飛ばしの消耗戦までなんでもあり。消耗戦にならない限りはレースの上がりは34秒台前半となるので後方一気は届きにくいということはない。前半から団子で進み33秒台前半の脚がつかえる馬は後方からでも届いたりする。
なかでも上がり1位は5年連続連対中である。

格よりも適性 調子

中距離GⅠ勝馬や好走してきた格上と思われる牝馬がコロッと負けたりするので、名前で選ばない方がよい。こんなレース選択空き巣狙いで反則だろと思っても結果負けてたりする。中距離血統のオークス好走馬は結構な確率で負けている。負けただけでもこれだけ(もちろん勝っている馬もいる)
11年 ブエナヴィスタ 2着
12年 アパパネ 5着
14年 メイショウマンボ 2着
15年 ヌーヴォレコルト 6着 メイショウマンボ 17着
16年 ミッキークイン 2着 ショウナンパンドラ 3着
17年 ミッキークイン 7着 ルージュバッグ 10着
18年 リスグラシュー 2着
19年 ラッキーライラック 4着

狙いたい血統

とにかく末脚自慢のマイラー血統を選びたい。ディープインパクトはキレキレタイプを。フジキセキ・クロフネがいたら要注意。
中距離タイプは危険ブエナヴィスタが負けるようなレース。

臨戦過程

ここが目標の馬と安田記念へのステップレースと考えている馬がいるので注意したい。前半ハイペースの消耗戦にはなりづらいので、休み明けでも高速上がりが使える馬は馬券になる

参考レース

最後の直線でオークス馬ミッキークイン JC馬ショウナンパンドラが差してくるが すでに時すでに遅し。
遥か前をストレイトガールが抜け出して勝利を決めている。
そんな展開が多いのである

2件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA