2021小倉2歳ミッキーアイル産駒1-2 着差はナムラクレアだがスリーパーダ評価

小倉2歳ステークスはミッキーアイル産駒の1-2finish。見た目はナムラクレアの圧勝であったが筆者的には2着スリーパーダの方が注目。ナムラクレア・スリーパーダの今後を血統面から占っていく

小倉2歳ステークス結果

1着 ナムラクレア  1:07.9
2着 スリーパーダ  2馬身
3着 アネゴハダ   1馬身1/4

小倉2歳ステークスの評価

同日の3歳以上1勝クラスの勝ち時計が1:08.1であり、それを上回っている。勝ち馬の上がり33.9は優秀な数字ではある。この勝ち馬の上がりは数字的には高評価でもいいかと思うのではあるが、外が伸びる馬場になっている割には上がりの時計が早いちょっと不思議な馬場であるため評価は保留しておきたい。
ラップタイム 11.8-10.7-11.1-11.2-11.6-11.5
前半3F 33.6 後半3F 34.3
1200mの競馬にしてはそこまで前掛のラップにならなかった。

小倉2歳ステークスの動画

1着 ナムラクレア

スタートはロケットスタートが決まる。そのまま馬なりで無理にポジションを取ることもなく中段やや後方の外でレースを進める。残り600mで先頭との差が4馬身ほど。ナムラクレア自身は34.0秒で入った計算。残り300まで馬なりで進めてきたが、浜中が一気に外に進路を取ってスパート。ここまで何も無理していない上に有利な外枠を利しているため、1頭だけ伸びが違って2馬身差をつけてゴールイン。

2着 スリーパーダ

こちらも勝ち馬同様に中段後方からの競馬。ただポジションは内。3コーナーでは痺れる手ごたえ。最内をうまくコーナリングして差を詰めるも内はそれほど伸びず。最後は完全に勝負が決まってから大外を伸びてきた3着アネゴハダに迫られるもなんとかしのぎ切った2着。3コーナーからごちゃついたとしても外にいった方がきわどかったような・・・。筆者の目にはもったいない騎乗に見えた。

ナムラクレアの血統解説

HaloのクロスにStorm Catが母父。ディープインパクト産駒の種牡馬の成功パターンのお手本のような配合。
ディープインパクト×Storm Catのニックス とHaloによる Hail to Reason と Northern Dancerをつなぐクロス。
反応もよくスピードにも優れた配合。距離はマイル~中距離型になると血統表からは見える。
小倉2歳ステークスでもイーブンで走っており、今後マイルのレースに出てきても問題なくこなせそうである。

スリーパーダの血統評価

こちらはHaloの4×4からスタートするラインクロス。Halo内AlmahmoudでNorthern Dancerとの結合を強める昨今の黄金パターン。Sadler’s Wellsが影響強く決してスプリンターではないのであるが、よくこの距離でこれだけの競馬をしているなという印象。姉シンハライトの実績からみても中距離型。

小倉2歳ステークスのまとめ

印象に残ったのは2着スリーパーダの方が勝ち馬よりも というレース。 とにかくスリーパーダは内を回ったのがもったいなかった。次走はどこになるのかわからないが大注目。勝ったナムラクレアも非常にレース上手で注目。

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA