天皇賞春2021 回顧 ステイヤー満開 ワールドプレミア ドイツ血脈のスタミナを活かして見事な勝利

ワールドプレミア 見事な天皇賞制覇
レースを回顧しながら 上位馬 人気馬を分析していく

まずはレース映像を

12.811.311.711.912.111.911.812.113.112.612.112.011.912.112.313.0
LAP

LAPは前半5Fが59,8 中間に13.1があるが 阪神内回りらしく残り6Fからのロングスパート戦
さすがにこのペースでは中距離馬では最後の1Fはバタバタになってしまう

最後にステイヤーの血で差し切った ワールドプレミアの勝利となった。

レースの流れ

スタートしてから⑤ディアスティマに⑨ジャコマルが譲らず1000m通過59.8 速い

最初の4コーナーの隊列
③カレンブーケドールは2列目最内 ⑫ディープボンドは3列目の外
②アリストテレスは4列目中 ①ワールドプレミアは少し遅れて最内
ペースを考えるとカレンの位置でも少し早いか?

向こう正面でペースが一反落ち着く 13.1と落としたため隊列がグッと詰まる
白い帽子黄色い勝負服①ワールドプレミアはいつのまにやら外に位置取り
このあたりがスタミナに余裕があるからできるのであろう

ここからロングスパートの激流 直線半ばまで12秒前後のLAPが続く

⑤ディアスティマの手ごたえがいいので ③カレンも早めに捕まえにいく
⑫ディープボンド②アリストテレス①ワールドプレミアは外から進出 最終コーナー

カレンが抜け出しをはかるが思うように差が広がらない この馬は単独先頭ではあまり走らない
外からディープボンドがせまる

ディープボンドが追いつき抜け出すかと思ったら 更に外から1頭 ワールドプレミア

粘るディープボンドを振り切ってゴール

優勝馬 ワールドプレミア

父ディープインパクト 母父アカテナンゴ 全兄にワールドエース 弟にヴェルトライゼンデがいる血統
母父アカテナンゴはJC勝ち馬ランドを送る ドイツ重厚血統
血統表を見てもあまりなじみのない馬名が並んでいるが ドイツ=重厚と一括りにまとめて問題ないくらいにステイヤー偏重の馬文化である。
GⅠは菊花賞に続く2勝目 堅実に走るが中距離ではワンパンチ足らない印象
この先はどういうレース選択をしてくるのか楽しみである

ワールドプレミア カレンブーケドールの血統解説はリンクをご覧ください

2着 ディープボンド

1人気であったが、さすがにちょっと荷が重かったか
父キズナ 母父キングヘイロー 母の近親にローレルゲレイロ
ディープインパクト×キングヘイローがここまで善戦できたのはちょっと意外だが
有力ステイヤーが少ないことの裏返しかも
次はHaloの機動力を生かして宝塚記念くらいで買いたい もちろん雨期待
血統はこちらを

3着 カレンブーケドール

惜しいレースであったが、距離も長かったし、展開も向かなかったし
善戦しているとは思う。この馬香港いった方がよかった気がする

4着 アリストテレス

全然勝負に絡めなかった。
疲れもあるのか 休養し復帰後再評価が必要

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA