クラウンドマジック|血統解説

2021西の新馬一番星 クラウンドマジックを血統解説する。サンデーサイレンスのラインクロス

クラウンドマジックの血統表

クラウンドマジック内のクロス馬

サンデーサイレンス4×4 Halo5×5・6 Hail to Reason5・6・7・7×6・7
Northern Dancer5・7×5
Mr.Prospector4・5(母方)

クラウンドマジックの血統解説

なんといってもサンデーサイレンスのラインクロス。しかも中間が抜けやすいTurn-to Royal Chargerまで含めてつながるのが特徴。エピファネイア×ヴィクトワールピサは非常に相性がいい組み合わせになるはずである。母母方ゴールデンジャック内にTurn-to血脈がないのが残念だが、その変わりにBuckpasser Menowのラインがクロスすることで父の母方シーザリオが強調された形になった。この馬がどのくらいのスピードを持つのか次のレースが楽しみ。スタミナは父方にたっぷりと含まれているので2400までは十分こなせるはず。エピファネイアの子が最初の新馬戦しかもマイルの距離を勝ったのが驚きで、今後すごく伸びるのかもしれない。

新馬戦 中京1600のレース振り

道中は後方インでじっとしていた。直線向いて外に出して追い込みに入るが、ややずぶさを見せる。このあたりはエピファネイア産駒らしい。最後の伸びがすばらしく外から先行馬をまとめて差し切った。
距離は明らかに足らない。2000mは欲しいところだと思う。最後の豪脚が大変印象的ではあるが中京1600は後方有利なコースであることを追記しておく。

今後の注目

2000m以上の距離を使っていけるのであれば注目していきたい。現状ではマイルのオープンではそこまで魅力を感じていない。ただ血統構成が血統構成なだけに2戦目以降で覚醒という可能性もある。3歳になってからの方が期待できると思われる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA