白毛一族 デビュー勝ち ハイアムズビーチ  母ユキチャン 姪メイケイエール

今年も白毛一族の勢いが止まらない。 ユキチャンの娘ハイアムズビーチを分析

ハイアムズビーチの血統

父ドレフォンについて

父ドレフォンはアメリカで9戦6勝 GⅠ3勝
主な勝ち鞍はブリーダーズカップスプリント(ダ1200) ダート短距離を専門につかわれた。
血統からはそれほど短距離指向は強くないのでマイル・中距離をこなしても不思議でないのだが、スピードが傑出していたという理由で短距離専門となった。

母ユキチャンについて

母ユキチャンは関東オークスなど地方重賞を3勝 芝でも勝ち鞍がある。産駒シロインジャ―はメイケイエールの母であり、激しい気性はユキチャンも持ちあわせている。

ハイアムズビーチの血統について

ハイアムズビーチはDeputy Ministerの5×4 Vice Regent Northern Dancer Nearctic Nearcoとラインクロスを形成しており、芝を走るクロフネ産駒として非常に興味深い配合がなされている。
Northern Dancerが強すぎてダート色が強くなっていそうな気もする。

新馬戦を振り返って

動画・画像はなしでLAP 12.5 – 10.7 – 11.6 – 11.7 – 11.6 – 11.9 – 12.2
新馬1400にしてはまずまずタフな流れ。ハイアムズビーチ自体は楽々追走という感じではなかったが、最後の直線でみんな脚が止まってからもしぶとく伸びた。初戦だけで判断はできないが、この馬も白毛一族の特徴、最後まで止まらないを持ち合わせているようだ。

気になる気性面は?メイケイエールみたいになる?

ハイアムズビーチは白毛一族ということで気性面の心配がどうか?直線で口向きの悪さはみせていたものの、かかる気性ではなさそう。今回は終始外々を回してきており、馬群に入れる心配があったのかもしれない。メイケイエールも徐々に気性が悪くなっていったので注意は必要。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA