競争馬メイケイエールを徹底解説 レースで制御不能となってしまう気性で馬主もウマ娘に強烈アピール

現役競走馬屈指の癖馬と評判のメイケイエールについて徹底解説

メイケイエールのプロフィール

父ミッキーアイル

母シロインジャ―(白毛)

母系 白毛一族 一族の活躍馬には桜花賞馬ソダシ ブチコなど

生産者 ノーザンファーム セレクトセール出身 落札価格 2600万円(税抜き)

厩舎 武英智きゅう舎

馬主 名古屋競馬株式会社

メイケイエールの競争成績

通算成績 

8戦4勝(現役 21年10月時点)
 新馬戦     芝1200 1着 掛かるところを強引に抑えて抜け出し
 小倉2歳s   芝1200 1着 出遅れ道中掛かり通し大外差し切り
 ファンタジーs 芝1400 1着 スタート一息道中掛かり通し直線抜け出し
 阪神JF     芝1600 4着 出遅れ道中掛かり通し 大外強襲


 チューリップ賞 芝1600 1着  道中口を割って頭を上げるそれでも外に出してもらって先頭押切


 桜花賞     芝1600 18着 制御不能


 キーンランドC 芝1200 7着  先行させるも道中掛かる 先頭に立つも直線一杯

スプリンターズS 芝1200 5着 スタートやや立ち遅れ、いきたがるのを池添Jが懸命に抑えるも後残り5Fすぎからスイッチが入りいってしまう。 しかし最後までバテることなく外強襲


 

メイケイエールの血統表

メイケイエールの血統解説

最も全面でクロスしている血はサンデーサイレンスの3×4。このサンデーサイレンスはAlmahmoudを通じてNorthern Dancerに結び付く。続いてデインヒルの4×4。デインヒルはNorthern Dancerと同じ母系出身でNatalmaを持つ。一方母方クロフネ内にはNearcticがある。デインヒルとクロフネが合わさるとNorthern Dancerの完全再現が行われるのである。

Northern Dancer 内はこれだけクロスすることになるだけではなく、Northern Dancerを8本も持っているので強烈にNorthern Dancerを強調することに成功している。これだけNorthern Dancerを強調できているとスタミナも十分あり、本質的には2000m以上に適性距離がある配合であると考えられる。

メイケイエールの気性

日常のメイケイエール

お嬢様気質(調教師) おとなしく・性格もよい(武豊J) 顔がかわいらしい
セリ会場でもおとなしい

レースでのメイケイエール

出遅れる。
道中行きたがって掛かる。騎手が抑えきれない。でも最後バテる訳ではない
馬込みがダメ。

メイケイエールのエピソード

馬主がウマ娘のキャラクター化を望んでいる
アイビスサマーダッシュに出走させた場合、返し馬でスタート地点にまでたどり着けないと横山典Jに言われている。(実際には出走していない)

メイケイエール活躍の場

筆者としては中距離を逃げるべき馬ではないかと思っている。短距離で逃げ一辺倒とするのではよほど展開に恵まれないと逃げれない。それなら豊富なスタミナを活かして、芝2000くらいを逃げることを考えた方がよさそう。

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA