天皇賞(春)2021分析 日経賞組 ワールドプレミア・カレンブーケドール・ウインマリリン マリリンは好走条件が揃わなかったかも

春の天皇賞に向けて 日経賞組を分析

まずはレースをみてもらいたい

日経賞 リプレイ

LAP:7.1 – 11.6 – 12.3 – 13.0 – 12.5 – 12.8 – 12.8 – 12.5 – 11.7 – 12.1 – 11.8 – 11.3 – 11.8

ラスト5Fからペースアップしたロングスパート戦 阪神内回りの傾向とも合致するので
素直に上位馬が信頼できそう。上位3頭が僅差だったので レースの詳細をみてみよう。

残り約800地点

ウインマリリンは内で カレンブーケドールは内を追走 ワールドプレミアは出遅れもあって外を進出
残り400外から懸命にワールドプレミア 先頭に並びかける ウインマリリンは内でじっとしている

4コーナー出口でウインマリリンが仕掛け すっと抜け出す
カレンはちょっと置かれ ワールドプレミアは外を回っており3馬身ほど遅れ

ゴール前

ゴール前カレンブーケドール ワールドプレミアが差を詰めるも ウインマリリンが先着
着差は1/2 クビとわずか

一番強い競馬をしたのはワールドプレミア ちょっとバタバタしすぎのレースの気がする
休み明けを叩いて 距離が伸びてグンと状態は上向くと思う

上位馬のプロフィール

ウインマリリン

父スクリーンヒーロー 母父フサイチペガサス Danzig4×4 Halo4×5
スクリーンヒーロー産駒は 中山の小回り得意 Haloのクロスでそれをさらに増長させている
最内を見事に立ち回っての1着
レースのしやすさがセールスポイントだと思うが3200は配合的にも疑問
本番は内枠が好走条件と思われる。外13番を引いているのでどうだろうか?
フローラステークスも3番ゲートスタートから内をうまく立ち回って勝利

カレンブーケドール

父ディープインパクト 母父Scat Daddy(StormCat系)
すごく堅実だが、勝ちきれない ディープ×StormCatの馬らしく長くいい脚をつかえるが
直線の長いコースの方が向いてそう。内でじっとしながら早めに抜け出して粘りこめるか?
スタミナは母系 StormCatとNijinskyの母父Bull Leaが支えているので斬れないのは仕方ないかも
阪神内回りは合うと思うが 距離不安の心配の方が大きい
3番ゲートでいい枠は獲得 超ロングスパート合戦にならなければ

ワールドプレミア

父ディープインパクト 母父Acatenango ヴェルトライゼンデの兄
菊花賞の勝ち馬だけあっていい脚を長くつかえる
日経賞レースから見ても上積みは見込めそうで日経賞組では一番のお薦め
1番を引いており何か持ってそうな雰囲気。
ただテン乗りの福永騎手がうまく競馬をできるかは心配
武豊騎手がうまく乗っていたので、制御しやすそうなイメージがついていたが
日経賞で石橋騎手のバタバタ騎乗をみるとそんなに乗りやすくはないのかもしれない

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA