Turn-to 現代日本競馬 最強のスピードの血

Turn-toの血統

父Royal ChargerはNasrullahの近親で非常に血統構成が近い。叔父 甥の関係でMumtaz BegumとNearcoの産駒がNasrullah。Royal ChagerはMumtaz Begumの娘とNearcoの産駒。Sadler’s WellsとNureyevの関係と同じ。
母系も優秀で 叔父にAmbiorixがいる血統

Turn-to の現役時代

米国で8戦6勝 クラシック前に骨折引退 高いスピード能力を持つ馬としてクラシック有力候補の1頭であった

Turn-toの種牡馬としての代表産駒

Sir Gayload
First Landing
Hail to Reasonなど

日本競馬への影響 クロス効果

80年代から 子孫のHabitat系 スティールハート ニホンピロウイナー父子などの活躍
90年代からはHail to Reason系ブライアンズタイム サンデーサイレンスが猛威を振るいほとんどの馬の子孫となっている
母方に入ってクロスされてもスピードが協調される
ディープインパクト サイレンススズカなど サンデーサイレンスの最高傑作には母方Turn-toが存在する
名牝シーザリオ内にはHail to Reason、Habitatが入っておりシンボリクリスエスをかけあわせたエピファネイアはTurn-toが3本となる。これに母父サンデーサイレンス系を掛け合わせるとTurn-toが4本以上が確定となり一定のスピードは確保できるため大人気の組み合わせとなっている

関連ページ

3件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA