オークス2021 分析 狂気の血を持つソダシは2400のオークスで買えるのか?

オークス 牝馬クラシック 第2段 桜花賞ほどの華やかさには欠けるもの 中距離のチャンピオン牝馬が決まる重要レース。そして大多数の馬が距離未経験というカオスな一面も持つレース。血統予想が非常に楽しみなレースである。

馬券好きの方にはご注意いただきたいのだが、実際のところはマイラーもよく馬券になっているので、真剣に購入する馬券とは違う視点でお楽しみいただけると幸いである。笑って妄想して楽しめる馬券提案を。

今回は無敗の桜花賞馬ソダシについて 徹底分析 血統 気性面からオークスでの取り扱いを考える

ソダシ 血統表

ソダシ クロス馬

Northern Dancer 5×5・6・7・7
Never Bend 5×7
Hail to Reason 6×5

 血統表中の赤丸はNasrullah 血脈 青色はNearctic-Northern Dancer血脈 緑色はHail to Reason血脈である

父クロフネ と その産駒

クロフネ自身の血統はNearcticを強調したスピード馬であって。これといったスタミナの核となる血が近くにないので走れて10Fくらいまで。基本はマイラー。ただ実際の競争成績はフレンチデピュティらしさが全開の馬で、芝・ダート問わず中距離を走った。特に芝ではスピードはそれなりにみせるが斬れない、バテない馬であったため中距離を使われていたのだと思う。全兄弟もいるが全く走っていない。ちょっと特殊な馬といった感じがある。現役時代のクロフネの特徴が表れているレースがNHKマイルカップである。

ゴール前の飛びの大きさが印象的であるがLAPをみておこう。
LAP 12.2 – 10.6 – 11.4 – 11.9 – 11.7 – 11.7 – 11.4 – 12.1 自身の上がり3Fは11.5-11.4-11.4(推定)
前半2F目の10.6にはついていけないので後方からになる

こういう特殊な馬が種牡馬になると急に血統が出てくるから不思議である
種牡馬クロフネは1200~1600で好成績 1800~徐々に成績が落ちる。そして芝2000以上での重賞勝ち馬は存在しない。
そして牝馬に活躍馬が出やすいフィリーサイヤーとしても有名である。
主な産駒はカレンチャン(スプリンターズSなど)アエロリット(NHKマイルC)ホエールキャプチャ(ヴィクトリアマイル)スリープレスナイト(スプリンターズS)フサイチリシャール(朝日杯)など
スプリンター マイラーが代表産駒である。

ソダシの血統評価

5代目にクロスが並んでしまい強調する血がわかりづらい。 スタミナの核となる血が少ないので距離の融通性はなさそう。Nearcticのスピードは引き継がれていそうなのと Nearcoの超多重クロスが強さの秘訣
オークス向きとはいえない

ソダシの気性を踏まえてオークスをみる

オークスはだいたいスローペースで流れるため、スローペースを我慢できればマイラーでも馬券になることが多い。シラユキヒメの白毛一族に伝わる狂気の血 それはメイケイエールで開花(?)しているがソダシは桜花賞ではどうだったのか?がまんが効いていたのだろうか?

まずは狂気の血をみていただこう

では桜花賞ではどうだったのだろう

LAP12.1 – 10.8 – 11.2 – 11.1 – 11.6 – 11.2 – 11.2 – 11.9
スタートしてからしばらく掛かっている。このペースでもかかるの? 残り800でスーッと前にいきたがったところを前に馬を置いて落ち着かせてる。吉田騎手のファインプレー。残り400で先頭に立つと最後一杯に粘りこんで優勝。我慢きいているといえばきいている。基本的シラユキヒメの呪い(?)は現役のようである。

結論 ソダシをどう扱うか


非常にあぶなっかしい。ソダシが1番人気で間違いないのでオークスはハイペースの消耗戦になるかもしれない。ソダシを見なかったことにすれば、馬券的には非常に面白い1戦となりそうである。
ローリスク ハイリターンが狙えそうである

明日はハイペースであればと決め打ちして狙い馬を探していこう

1件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA