ステラリアの血統分析

オークス出走馬の中で面白い血統構成の馬がいたので分析してみる。
それは忘れな草賞勝ち馬 ステラリアである

血統表

クロス

Storm Bird 4×4
Northern Dancer 5・6×5・5
Hail to Reason 5×7
Sir Ivor 6×5

父母の成績

父キズナ 日本ダービー1着 凱旋門賞4着
母ポリネイター 愛GⅡ 1着

血統分析

まず目につくのがキズナの母父Storm Cat  ポリネイターの母父Bluebirdこの2頭の血統は似通っていて、Storm Bird Somethingroyalが一致している(下表)

この似通った2頭特にBluebirdにクロスを集中させと形をとった上ディープインパクトと組み合わせた。Bluebird内は赤字部がクロス

これにディープインパクト Storm Cat≒Bluebirdのキーホース Secretariat Sir Gayloadの兄弟血をGone West(母父Secretariat)から補給している。イメージはディープインパクト×Storm Catの東京2400血統を更にパワーアップさせた配合となっている。適距離は1600~2400 スピードがあるが一瞬の斬れというよりはいい脚を長く使うタイプ

レース振り

LAP 12.4 – 10.9 – 12.0 – 11.9 – 12.1 – 12.0 – 11.8 – 11.3 – 11.5 – 12.1
前走忘れな草賞 スタートで挟まれ気味ちょっとかかる。ゆるみない流れを3コーナーすぎから徐々に進出。
最後まで止まることなくきっちり差し切る。まだ余裕がありそう。StormCatらしいレースで好感が持てる。

オークスの狙い・判断

買いでいきたい。ソダシが潰れようが、潰れなかろうがしっかりしたレースが出来そう。軸候補。
もちろんパドックチェックが必要。もしソダシが自滅するような展開にかけるのであれば 相手にユーバーレーベン・ミヤビハイディあたりを狙ってみると馬券的妙味も十分

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA