21菊花賞 有力馬ステップレースごとまとめ 阪神3000mで行われる菊花賞はどんなレース?

21年菊花賞は京都競馬場が改修中のため、阪神競馬場3000mで行われる。それぞれのステップレースごとにまとめをおこなっていく。今年は皐月賞馬 ダービー馬ともに回避 寂しいメンバー構成となりそうだが

レースの舞台 阪神3000m

レースの舞台は阪神芝3000m(内回り)である。めったに使用されることはないが、GⅡ阪神大賞典が毎年行われる舞台となっている。
阪神大賞典は近年の超名ステイヤーであるゴールドシップが3連覇するようなステーイヤー天国のコースであり、より血統が重要な予想ファクターとなりうる

トライアル組 セントライト記念1着 アサマノイタズラ

3代目中山の鬼といえる巧者が確定した馬でいいと思う。中山の外回りらしくコーナーをスムーズに加速しつつ、最後まで末脚がしっかりと持つ馬が能力を発揮したレース。このレースアサマノイタズラは上り3F2位を0.5秒引き離してのぶっちぎりの1位。直線で速いだけでなくコーナーリングがうまくなければ出来ない芸当。ただ3000mどうなの?と言われると微妙なところで、母の母方Sadler’s WellsはHail to ReasonがHaloのラインクロスに参加しているためそこまでのスタミナ有利ではなくなっていると思われる。

レースLAP 12.3 – 11.8 – 12.2 – 12.2 – 12.0 – 12.2 – 12.2 – 12.0 – 11.5 – 11.7 – 12.2

トライアル組 神戸新聞杯1着 ステラヴェローチェ

不良馬場 中京でかなり力のいる馬場であったことは想像にかたくない。ステラヴェローチェは後方待機4コーナーで外へいかず中をつく。4コーナーで4・5番手集団に取りつくと、坂の上りで一気に差をつめる。最後はレッドジェネシスがバテたところをきっちりと差し切って優勝。おそらくこの馬は道悪の鬼。そしてバテない強みは持っていそう。伸びないバテないの馬場がよさそうなのがこの馬

レースLAP 13.1 – 11.4 – 12.5 – 13.6 – 13.2 – 12.8 – 12.5 – 12.4 – 11.9 – 12.2 – 12.4

春実績組 

ホープフルステークス2着 オーソクレース

2歳馬にしてはかなりの消耗戦になる中山2000が舞台。菊花賞はダービー馬よりも皐月賞馬といわれることからも中山2000mは持続力が問われる。このレースで2着となったオーソクレースは道中2番手から押し切れそうであったが、ダノンザキッドに差されて惜しい2着。道中共に先行したタイトルホルダーを4着には破っており、2歳時の力を信じるのであればこの馬。エピファネイア×マリアライトという超良血。父方はRoberto系、母方にはSadler’s Wellsがありスタミナ文句なし

LAP 12.8 – 11.4 – 13.0 – 12.7 – 12.0 – 11.9 – 12.2 – 12.0 – 12.2 – 12.6

弥生賞馬 皐月賞2着馬 タイトルホルダー

中山2000mでは ホープフルS4着 弥生賞1着 皐月賞2着と常に好走。スタミナ勝負の阪神3000はもってこいのコースになるかもしれない。母方はSadler’s Well系×Mill Leaf系でスタミナ十分。きれない脚をどう補うか。前走セントライト記念はどん詰まりで目も当てられない状態であったが、実績十分で買い。

LAP 12.1 – 11.7 – 12.5 – 11.9 – 12.1 – 11.4 – 11.9 – 12.1 – 12.3 – 12.6 この中間のハイラップを3角先頭から粘りこむのであるからおそろしい

菊花賞回避組

エフフォーリア 天皇賞秋へ出走予定
シャフリヤール JCへ出走予定

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA